持っている空き地を活用しよう【コインパーキングの経営法を解説】

ウーマン
  1. ホーム
  2. 駐車場という土地活用

駐車場という土地活用

お金

ローコストで初心者向け

コインパーキングの経営は、比較的手軽にはじめられる土地活用事業と位置付けられます。経営方法としては、業者に土地を貸して初期投資や管理運営すべてを業者に任せる土地賃貸方式と、初期投資は自己負担でまかない、管理運営は業者が行う自己経営方式とに大別されます。いずれの方式においても、投資金額が少なくて済むことが言えます。自己経営方式であっても、コインパーキングに必須の設備を整えれば、あとは追加費用が発生しにくく、ランニングコストが比較的安くあがります。このことが比較的手軽にはじめられるとされる理由です。コインパーキングは災害への対策もそれほど必要ありません。巨大な立体駐車場ならともかく、平たい土地にパーキングを作るのであれば、特に災害対策費用は発生しません。また老朽化も起こりにくいです。舗装やパーキングの設備が経年劣化することはあっても、大規模な改修が要るような場面は起こり得ません。オーナーの仕事は、日々の清掃など軽微と言えます。撤退がラクにできることも大きいです。業者に運営を任せる関係上、1〜3か月程度の猶予が必要にはなりますが、これはマンションなどの不動産経営の撤退期間に比べれば短いです。また撤退に関わる費用も設備の撤去など簡単に済むものばかりですので、短期間のみの土地活用としてのコインパーキング経営も合理的な戦略と言えます。以上のように、コインパーキング経営は手軽にできてリスクも低い手法です。初心者向けの土地経営手段と言って差し支えないでしょう。